HOME団体競技チーム紹介バレーボール(知的障害)

チーム名

鹿児島県知的障害者バレーボール倶楽部「排球かごしま」

チーム紹介

 始まりは,知的障害者がスポーツを通して社会参加を目指すことを目的として開催した平成27年度知的障害者バレーボール教室でした。
 その後,バレーボール教室を継続的に開催し,平成28年10月にバレーボール教室の受講者と指導スタッフを中心に「排球かごしま」を結成しました。
 チームの構成は男子会員15名,女子会員16名(社会人24名,特別支援学校の生徒7名)で,県内全域から公共交通機関・自家用車・保護者または引率者の送迎で練習会場に通っています。奄美大島からもフェリーで練習に通っている会員もいます。
 チームの指導には,バレーボール経験のある特別支援学校の先生方が17名,大学バレーボール部の監督が2名,社会人4名が中心となって指導にあたっています。
 また,志學館大学女子バレーボール部,鹿児島大学女子バレーボール部に協力をいただいて,学生ボランティアによるサポートもあるなど,指導・サポート体制は充実しています。
 昨年(平成29年)の6月には,大分県で行われた全国障害者スポーツ大会九州ブロック予選会に初めて出場し,女子は2位,男子は3位と健闘しました。
 今年(平成30年)になって新たな戦力も加入しており,九州ブロック予選会を勝ち抜き,自力で全国大会に出場するという大きな目標を掲げ,練習にがんばっています。
 男女とも今後の成長が期待される楽しみなチームです。

活動内容など

 ハートピアかごしま体育館や志學館大学体育館が主な練習会場で,月に2,3回活動しています。
 練習は,チームづくりのための基礎練習や応用練習が通常の内容ですが,ボランティアの学生さんがゲームの相手をしてくれることもあります。
 不定期ですが県外に遠征し,西日本地区の大会に参加するなどしてチームのレベルアップを図っています。
 「排球かごしま」の恵まれているところは,多くの指導スタッフをはじめボランティアの学生さんが,一人一人に丁寧に指導してくださることです。
 また,「排球かごしま」活動費には,タオル販売による益金などをあてており,多くの方に御支援いただきながら,楽しく活動させてもらっています。

選手・スタッフ募集

選手の募集

バレーボール経験のある方や県代表選手としてバレーボールに取り組む意欲のある方のほか,これからバレーボールをはじめたい方など,広く選手を募集しています。

スタッフの募集

 ボランティアスタッフを募集しています。チーム作りやチームの支援に興味のある方からのご連絡をお待ちしています。

チーム連絡先

所属・氏名 鹿児島県手をつなぐ育成会内・春田 眞
住所 〒890-0021 鹿児島市小野1-1-1ハートピアかごしま内
電話番号 099-220-7062 ・ 090-7476-9214
FAX番号 099-220-7062
ページトップへ